名古屋市東区の歯医者 稲熊歯科の自費治療の案内

1703F-1.png

【インプラント(人口歯根)】
1960年代にブローネマルクによりチタンが骨にオッセオインテグレーションすることが発見され、1965年にオッセオインテグレーティッドインプラントの臨床応用が開始されました。以来半世紀以上が経ってインプラントも治療法の選択肢の一つになっています。

稲熊歯科ではジンマー・バイオメット社の3iインプラントまたはノーベルバイオケア社のインプラントを使用しておりますが、これらは世界標準のメーカーですので安心です。インプラントは1本35万円で手術代と差し歯代を含みます。手術前のCT撮影とシムプラント@による術前診断が別途必要になります。

稲熊歯科では顎の骨がやや不足していてインプラントがそのままでは埋入しづらい方には自家骨移植、メンブランやメッシュを使ったGBR、ソケットリフト、サイナスリフトなどの骨造成も行っています。

ボーンアンカードブリッジと言いますが、総入れ歯をお使いの方で、土手も低くなってしまい総入れ歯では不自由で仕方ないと思われる方は、顎の土手にインプラント(人工の歯根)を数本埋入して、人工の歯と人工の歯肉をその上に固定する方法があります。総入れ歯のように食事中に動いてしまったり転覆して外れてしまうということがありませんので、しっかり何でも食べることができます。

オールオンフォー(All-on-4)と言いまして、ボーンアンカードブリッジの方法の一つですが、これはドクターマロー(Paulo Malo)という業界では有名なドクターが開発しました。やはり総入れ歯をお使いの方が顎の土手にインプラントを4本から5本と従来法より少ない本数を埋入してその上にブリッジを装着するものです。上顎250万円、下顎230万円。

 

<引用文献>

#Intra-osseous anchorage of dental prostheses. I. Experimental studies. Brånemark PI, Adell R, Breine U, Hansson BO, Lindström J, Ohlsson A. Scand J Plast Reconstr Surg. 1969;3(2):81-100.

#Osseointegrated titanium implants. Requirements for ensuring a long-lasting, direct bone-to-implant anchorage in man. Albrektsson T, Brånemark PI, Hansson HA, Lindström J. Acta Orthop Scand. 1981;52(2):155-70

  

 <治療のイメージ>

1)「義歯でなくインプラントをしたい」と主訴で来院。上顎小臼歯の2歯欠損。医療用のCT撮影後にシムプラント@により立体画像にデータ変換した画像によってインプラント埋入の手術計画を行う。歯科用のコーンビームCTではなくて医療用CTによる撮影なので骨の硬さがハンスフィールド値(CT値)で正確に把握でき、埋入時に骨に掛けるトルクやドリリングの術式の計画に失敗がない。シムプラント@による精査によりインプラントの直径や長さを決定して埋入。骨欠損部には細片骨をおいて骨造成を行う。

2)「総入れ歯が不安定でインプラントをしたい」との主訴で来院。下顎無歯顎の患者。特に臼歯部では顎堤吸収が進んでいる。「しゃべる仕事なので義歯の脱離をいつも不安に思う」とのこと。下顎にインプラントを数本埋入してボーンアンカードブリッジを装着した。

 

 【審美歯科】

審美歯科ではメタルボンド、ジルコニアなど各種行っています。

 

<治療のイメージ>

「下の奥歯が銀歯になっているのが数本あり目立つので以前から気になっていたが白くできないか」との相談で来院。奥歯をセラミックで修復したことで、実物そっくりの歯にみえる。

 

 

1703F-2.png

【矯正治療】
 1)成人矯正で行われるワイヤー治療では、ロスなどのエッジワイズブラケットも用いますが、稲熊歯科で主に使用するのはティップエッジ(Tip-Edge)ブラケットです。

ティップエッジブラケットを開発したのはピーター・ケスリング(Peter C. Kesling)です。この人は傾斜移動の考案者であるベッグ(P. R. Begg)の正式な継承者であることもあり、傾斜移動のできる改良型エッジワイズブラケットを開発しました。

ティプエッジブラケットは治療開始時に歯冠の傾斜移動を行うため小さな力で歯の移動を行うことができ、そのために治療の弊害として生じる大臼歯の近心移動などアンカーロスを防ぐのに有利です。また小さな力で歯の移動を行えるため、小さなアンカースクリューを顎の骨に埋入して固定源に使うアンカースクリュー矯正には有利です。

2)アンカースクリュー矯正は従来の方法では困難な症例にも適応できます。例えば大臼歯の圧下、歯列全体の遠心移動、適応年齢を超えた正中口蓋縫合の急速拡大などです。また大臼歯の頬舌的傾斜の整直や転位埋伏した犬歯の牽引なども楽に行えます。アンカースクリューは顎骨に埋入されて固定源になるため、大臼歯を固定源にする従来法に比べて歯のアンカーロス(大臼歯の近心移動)が起こりませんので治療がスムーズです。

3)小学生からの矯正治療には咬合育成を行っています。反対咬合や過蓋咬合、叢生などの不正咬合は思春期を過ぎてからの治療では抜歯が避けられないことが多いのですが、小学生の低学年からの混合歯列期に治療をスタートすることで額の成長や噛み合わせのコントロールを行うことができ、非抜歯による治療が可能になります。

4)治療費は混合歯列期の咬合育成35万円、咬合育成後に必要があれば行う歯列矯正35万円、成人矯正55~70万円。アンカースクリー矯正、アクアフレーム矯正(マウスピースを用いた矯正)、スピード矯正(外科的歯列矯正)、乳児期の反対咬合を治療する機能的矯正装置ムーシールド@など行っています。

 

<引用文献>

#Tip-Edge Plus Guide and the Differential Straight-Arch Technique  Sixth Edition by Peter. C. Kesling. 2006

#Treatment mechanics in Class III open bite malocclusion with Tip Edge technique.  Miyajima K, Iizuka T. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 1996 Jul;110(1):1-7.

#Tip-Edge Orthodontics and the Plus Bracket, 2nd edition. Richard Parkhouse.  MOSBY ELSEVIR.

#Begg Orhodontic Theory and Technique  Third Edition. P. R. Begg and P. C. Kesling. W. B. Saunders Company.

 

<治療のイメージ>

「受け口を直してほしい」との主訴。下顎前突の症例で混合歯列期に来院。下顎の成長抑制や上顎の側方拡大などの咬合育成を行ったのち、下顎の成長が止まったところで、下顎骨にアンカースクリューを埋入し、固定源に使用して、ブラケットを装着してから下顎歯列の遠心移動をアンカーロスなしに有利に行った。咬合育成ができているので非抜歯で矯正を行うことが可能になった。

 

 

 

 

 

 

 

【レーザー治療】

稲熊歯科では高出力レーザーによる歯肉切開や根管治療は従来法に比べて効果が小さい経験から高出力レーザーの治療は現在行っていませんが、低出力レーザーを痛みの顕著な口内炎や知覚過敏、リンパ節炎に応用することで著しい効果を得ていることから低出力レーザーの治療を積極的に行っています。

 

<治療のイメージ>

「口内炎がたびたびできて今日はひりひりと痛くて仕方ない。レーザー治療をしているならしてほしい」とのことで来院。レーザーにより疼痛は著しく改善。